白髪染めのパッチテストについて

・白髪染めの前にパッチテストでトラブル回避
白髪染めをはじめる前には必ずパッチテストをしましょう。パッチテストとは白髪染めやヘアカラーをする前に行う皮膚アレルギーテストの事で、自分の体がアレルギー反応を起こさないかどうかをチェックするのに有効です。

白髪染めの染料には有刺激性成分が含まれているため、自分の体に合わないものを使うと皮膚のかぶれや湿疹、ひどい場合には呼吸困難を起こすケースもありえます。そのようなトラブルを引き起こさないために事前に必ずパッチテストを行いましょう。

パッチテストの方法はそれぞれの白髪染めの説明書などにも記載されています。通常、結果が出るのは48時間後なので、白髪染めを使う2日前から準備しましょう。

・白髪染めのパッチテスト手順
まず必要なものは

1, 白髪染め薬剤
2, 綿棒
3, 脱脂綿又はティッシュなど
4, 薬剤を入れる小皿など(鉄製は厳禁)

STEP1: テスト用薬剤を作る
白髪染めは普通1剤・2剤と分かれていますので、これを小皿などで綿棒を使い、混ぜて薬剤を作ります。混合割合など説明書を見ながら、あくまでテスト用なので少量ずつ、本番用の薬剤が足りなくならないように気を付けます。

STEP2: テスト剤を肌に塗る
出来上がったテスト剤を、赤くなっても目立たないような場所で、なおかつ皮膚の柔らかいところに塗ります。二の腕の内側あたりが一般的です。コインの大きさくらいを目安に塗り、30分ほど待ち乾くのを待ちます。乾かないようなら脱脂綿などで優しく拭き取りましょう。

STEP3: 48時間放置して様子をみる
テスト剤をぬり終えてからは定期的にチェックをします。最低でも塗り終えてから30分後と48時間後のチェックは必ずしましょう。テストした部分に発疹、発赤、かゆみ、水疱、刺激などの異常が見られないかを確認します。もし、皮膚に異常が現れた場合にはすぐに洗い流し、必要であれば皮膚科に相談しましょう。

STEP4: アレルギー反応がなければ白髪染め
パッチテストで異常がなければ白髪染めを行いましょう。あまり時間を空けてから白髪染めを行うと、体質などが変化してしまう可能性もあるので、パッチテストはなるべく白髪染めをする2〜3日前に計画的に行いましょう。

・パッチテストは毎回必要
今回のパッチテストで問題が無かったからと言って、次もそうとは限りません。アレルギー反応はその時の体調にも影響されますし、また次回白髪染めを使う時には体質自体が変化している場合もあります。パッチテストは必ず毎回行いましょう。

最新の白髪染め人気ランキング!

白髪染めの効果や実際に使用した多くのユーザーの感想や評価・評判をもとに算出した白髪染めの最新人気ランキングを紹介します!安心して使用できる信頼度の高い商品だけを厳選してカテゴリー別にわかりやすくランキング化していますので、始めた試される方も次の商品の購入を検討している方もお気に入りのアイテムを選んでみてはいかがでしょうか!?

総合ランキングNo.1!
ルプルプ(LPLP)
クチコミで広がり人気爆発!多くの方が愛用するリピーター続出の白髪染め!
総合ランキングへ
クチコミNo.1!
ルプルプ(LPLP)
髪への優しさを徹底追求した結果開発された『ルプルプ』。ロングセラーの実力!
クチコミランキングへ
人気急上昇中No.1!
レフィーネ
白髪染めなのに気持ちいいヘッドスパトリートメントヘアカラー。必須の白髪対策商品!
人気急上昇中ランキング
おすすめNo.1!
利尻ヘアカラートリートメント
当サイトでも『利尻ヘアカラー』は人気商品。バツグンの黒髪効果が人気の理由。
おすすめランキングへ
▼ 注目のアイテム!
利尻昆布パワーで輝く美髪を!